2016年11月24日更新

「見えない飢餓」を救いたい!途上国における栄養不良の状況と原因

世界各地の開発途上国では、5歳の誕生日を迎えるまでに命を落とす子どもたちの約2人に1人は栄養不良を原因のひとつとして命を落としています。今回は栄養不良とはなにか、また途上国の栄養不良状況などについてお伝えしていきます。

途上国における栄養不良の状況と、その原因とはなにか。

栄養不良とは

世界保健機関では、5歳になる前に命を落とす子どもの2人に1人が、なんらかの栄養不良が原因で亡くなり、その数は毎年310万人と報告されています。

栄養状態の悪さから「飢餓」を大きく分けるとタイプは2つ、急性栄養不良と慢性栄養不良です。

急性栄養不良

急性栄養不良は紛争や災害などによって陥りやすく、食べものが一気に足りなくなることで体重や筋肉量が低下している状態になります。

このタイプの栄養不良は、やせ細っているなど見た目で分かりやすいタイプの栄養不良です。

慢性栄養不良

慢性栄養不良は「見えない飢餓」とも言われ、タンパク質やビタミン・ミネラルなどの微量栄養素の摂取が不足することで、年齢に対し身長が低く、免疫力も低く、脳の体積量が少ない状態を指します。

関連リンク: タンパク質 | ビタミン | ミネラル

世界にはこの「見えない飢餓」と呼ばれる人たちが7億9,500万人(9人に1人)いると言われています。(出典:WHO2013)

見えない飢餓、慢性栄養不良の原因

開発途上国では、この慢性栄養不良の割合が3人に1人にまで達します。 その原因は、以下の要因が挙げられます。

・ 食物や食べ物へのアクセスが不十分であること

・ 知識不足から食に気を遣うことがなく健康的な食事をとらないこと

・ 最も多いのは十分な食べものを買うお金がなく、とりあえずお腹を満たすために主食を多く食べるなど、炭水化物に偏った食事となってしまう人たちが沢山いること


このことに加え、これまで各国の政策として、急性栄養不良の削減を第一に考えていたため、慢性栄養不良の政策/対応がどうしても後回しになってしまっていたことも原因の1つとして考えられます。


慢性栄養不良の指標である5歳未満児の低身長率を見ると、途上国の平均は32%となっています。

私はこの問題を解決したい、慢性栄養不良を削減して、世界の子ども達に少しでも健やかな日々を過ごして欲しい、そんな想いで2012年から栄養士という立場からアプローチをしてきました。


次回からは、私が担当してきた慢性栄養不良削減のための事業について、どんな準備業務があり、どこで誰とどんなことをしてきたのか、具体的な活動の紹介をしていきたいと思います。


この記事を書いた人
太田 旭(おおた あさひ)
太田 旭(おおた あさひ)

一般財団法人 アライアンス・フォーラム財団 途上国事業部門 プログラム・オフィサー

宮城県蔵王町出身。2004年から在宅型ホスピスケアを行う診療所に勤務し、2007年から認可保育園にて離乳食調理指導や食育研究を行いながら集団給食管理業務を担当。2010年には僻地医療チームの栄養士として従事し、東日本大震災時は避難所で支援物資分配と炊き出しを担当する。その後2012年から慢性栄養不良の削減を目的に中米グアテマラへ、現在はアフリカとアジアの栄養改善プロジェクトと栄養教育人材育成プロジェクトを担当している。